ようこそゲストさん

ポイントアイコン利用可能ポイントはこちら

ようこそゲストさん

ポイントアイコン利用可能ポイントはこちら

  • 投稿日

    2022/9/16

  • 更新日

    2022/9/30

  • 用具

【プロ監修】徹底解説!卓球ボールの選び方とおすすめ人気ランキング18選【公認球からレジャー用まで】

 未就学児から後期高齢者まで幅広い年代に愛されるスポーツ、卓球。

 日本国内の競技人口はおよそ30万人、愛好家も含めると日本の卓球人口は1000万人とも言われています。2021年の東京オリンピックでは日本代表が混合ダブルスで金メダルを獲得するなど、日本国内でもその人気と注目度は高まるばかり。すでに卓球をやっている人もこれから卓球を始めたいと思っている人も、卓球をプレーするのに絶対に欠かせないアイテムの1つが卓球ボールです。

 一見、どれも同じように見えるボールですが、白やオレンジなど色にも違いがあり、ラージボール用のサイズが大きいものや国際大会などでも使用可能な公認球など、さまざまな種類のものが存在しています。

 今回はそんなボールについて、日本代表経験のある森薗政崇選手が大解剖!ボールの歴史や種類、特徴などについて分かりやすく解説をしていただきます。その他にも用具マニアで卓球ボールにも精通している細井悠太氏とミングルス編集部が選ぶおすすめボール18個を種類別に紹介していきます。

 ※中には生産が終了している商品も含まれている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

森薗政崇 選手
解説

森薗政崇 選手

1995年4月5日生まれの27歳。東京都西東京市出身。青森山田高校、明治大学卒。BOBSON所属。中学1年から大学4年まで10年間、ドイツ・ブンデスリーガでプレーし、2018-19シーズンからはTリーグ岡山リベッツでプレー。男子ダブルス最高世界ランク1位。

細井悠太 氏
監修

細井悠太 氏

『良い用具は上達を手助けする』『適人適材』『良い技術をもっとより良く』をモットーに日々様々な用具を知り、情報を集める卓球用具マニア。百数十種類のラケット、数百種類のラバーを試打。力は下手の横好きながら都内や埼玉で日々練習中。

目次[ 閉じる ]

【卓球ボールの歴史】

 まずは卓球ボールの歴史を紹介していきます。

 卓球は19世紀にイギリスで発祥したと言われているスポーツです。当時、上流階級の貴族が雨天など屋外でテニスをプレーできない時に、室内でテーブルを使用しテニスをしたのが卓球の起源と言われています(※諸説あります)。

 最初はシャンパンやワインのコルクなどを丸く削りボールの代わりにして遊んでいましたが、1900年ごろにはセルロイド製のボールを使い、競技としてイギリスの貴族たちの間で普及。のちに「テーブルテニス」という競技名がつけられ、現在までプレーされています。日本には1902年に坪井玄道がフランスからボールやネットなど卓球用具一式を持ち込み、卓球が普及したと言われています。

【セルロイドボールからプラスチックボールへ】

 卓球のボールの歴史の中で、大きな転機となったのが、セルロイドボールからプラスチックボールへの移行です。

 1900年ごろから競技用ボールとして使用され始めたセルロイド製のボール。セルロイドは1856年に歴史上はじめて人工的に合成されたプラスチック素材です。ニトロセルロースと樟脳を合成することで作られ、卓球ボールの他にもビリヤード玉や眼鏡などあらゆる工業製品に利用されることとなりました。

 しかし、セルロイドは可燃性が非常に高く、耐久性の低さや光に当たることで劣化しやすい特性があるなど、卓球ボールに使用する素材としての適性が疑問視されるようになりました。また、可燃性の高さや生成するコストの高さから供給の安定性も低いこともあり、2015年にはプラスチック製の卓球ボールが公式球として使用されるようになりました。

 プラスチックボールが登場した当初は、ボールが割れやすかったり、打球感がメーカーごとに違うなどの問題点がありましたが、各メーカーのたゆまぬ努力により品質は向上。セルロイド製よりも安く、大量にボールを生産できるようになりました。

【ボールの大きさが38㎜から40㎜へ変更】

 卓球が競技として普及してから、試合で使用されるボールの直径は38㎜と規定されていましたが、2000年に直径40㎜に変更されました。直径38㎜のボールは回転量が現在の40㎜のボールよりも多く、相手のサーブをレシーブすることが困難だと言われていました。その結果、ラリーが続かず、競技としての魅力が損なわれているという指摘もありました。

 ボールの大きさが40㎜に変更された結果、ラリーが長く続くことが多くなり、見ごたえのある試合が増えたと言われています。また、ボールが大きくなったことでテレビ中継などの時にボールの行方が追いやすくなったとも言われており、卓球の競技性向上の一因となりました。

【ボールの種類と選び方】

 ここからはボールの種類と選び方について説明していきます。

 卓球ボールは主に公式大会などで使用される公認球、練習などで主に使用する練習用ボール、ラージボール用ボール、レジャー用ボール、パラ卓球用ボールの5種類に分類されます。使用用途に合わせて選ぶことが大切です。

[公認球・練習球]

 卓球競技で使用できるボールは、日本卓球協会によって以下と定められています。

  • ボールの直径は40㎜の球体とする
  • ボールの重量は2.7gとする
  • ボールはプラスチック製とし、白色またはオレンジ色で無光沢のものとする

 セルロイド製ボールは板状のセルロイドシートを複雑な工程で半球に加工し、その半球を2つ組み合わることで形成する方法で作られていましたが、現在、卓球界で主流のプラスチック製ボールは、熱を加えて柔らかくしたものを型にはめることで簡単に大量生産をすることが可能となりました。

 その中で、真円度や真っすぐボールが転がるかなどをチェックし、国際卓球連盟が定めている規格をクリアしたボールのみが公認球として国際大会で使用することができます。それ以外のものは練習球として扱われます。

 国際卓球連盟や日本卓球協会が公認球として認めているボールは「3スター」と呼ばれ、星が3つ並んだマークが付けられます。公式大会では3スターのボール以外は使用することができません。練習用ボールには3スターには認められなかった「2スター」「1スター」「トップボール」と呼ばれるものが使用されます。

 3スターボールとして認められるには厳しい規定をクリアする必要があるため、卓球ボールをつくっているメーカーの中には3スターボールがないメーカーもあります。3スターボールをつくるには、厳密な検査を行うため、他のボールよりもコストがかかってしまいますので、値段も高くなります。練習用には2スターボールや1スターボールなどを使用し、大会や大会を想定した練習の際には3スターボールを使用すると良いでしょう。

[ラージボール]

 ラージボールは日本で生まれたスポーツです。1988年、「卓球の普及発展型の生涯スポーツとしての魅力を広めたい」との思いから、日本卓球協会と卓球用品の総合メーカーNittakuが協力して開発したことで生まれました。

 ボールの直径が40㎜の卓球ボールに対し、ラージボールは直径44㎜とやや大きく、重さは卓球ボールの2.7gに対し、2.2~2.4gとやや軽量に作られています。ラージボールの素材は卓球ボールと同じく「プラスチック製」と定められていますが、卓球ボールが「白色またはオレンジ色」を使用可能なのに対し、ラージボールはオレンジ色のみと定められています。

 ラージボールは卓球ボールよりも大きく軽いので、初心者でも比較的簡単にラリーを続けられることが大きな魅力です。ラージボールにも「3スター」の公認球があり、大会や公式試合では3スターボールが使用されます。大会で入賞を目標としている人は3スターボールで練習をしておくことがおすすめです。

 また、ラージボールは卓球ボールよりも大きくて軽い分、素材が薄く壊れやすいという特徴もあります。練習用のボールを多めに準備しておくといいでしょう。

[レジャー用・パラ卓球用]

 パーティーやイベントなどで友達や仲のいいメンバーと楽しく卓球を楽しみたいという人にはレジャー用のボールもおすすめです。レジャー用ボールは普通の卓球ボールと違い、「白色またはオレンジ色」という規定がないので、黄色や青色、赤色、緑色などカラフルなボールもたくさん発売されています。小さいお子さんがいる家庭などでは、お子さんが遊ぶようにレジャー用ボールを購入するのもいいかもしれないですね。

 また、レジャー用ボールは公認球などとは違い、製作の規定がないので、卓球メーカー以外が販売していることもあります。卓球ボールと比べて安価で購入することができるので、遊びで卓球を始めるにはぴったりのボールです。

 パラ卓球競技用のボールで「サウンドボール」と呼ばれるボールもあります。これは視覚障がい者のためのボールで、ボールの中に金属球が複数入っており、ボールを転がすとカラカラと音が出るものです。こちらも3スターボールが発売されているので、大会や公式試合では3スターボールが使用されます。

【編集部のおすすめ卓球ボール18選】

 ここからは卓球用具マニア・細井悠太氏とミングルス編集部が選ぶおすすめの卓球ボール18選を紹介します。大会や公式試合に出場する方、練習でボールが必要な方、ラージボールをプレーする方など、自分の用途や目的に合う卓球ボールが必ず見つかるはずですので、ぜひチェックしてみてください!

[おすすめの公認球]

 まずは、大会や公式試合で使用される公認球(3スターボール)を見ていきます。

[Butterfly]スリースターボールR40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/1606.html

 [Butterfly]スリースターボールR40+ は、より厳しい品質管理の下で製造されているため均一性が高く、安定した回転やスピード、バランスを実現しすることができます。また、真円度が高く、耐久性に優れているため、安心して使える高品質のボールです。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[Butterfly]スリースターボールA40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/763.html

 [Butterfly]スリースターボールA40+は、世界卓球2019ブダペストで使用された、プラスチック製スリースターボールです。こちらも[Butterfly]スリースターボールR40+と同じく耐久性に優れた高品質のボールです。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[Nittaku]3スター プレミアム クリーン

https://shop.mingles.jp/SHOP/6209.html

 [Nittaku]3スター プレミアム クリーンは、Nittakuが「安心して卓球を楽しめる環境」実現を目指して開発したイレギュラーのない均一なボールです。製品の安全性強化のため、「メディカルナノコート」による抗ウイルス・抗菌加工を施しています。他の抗ウイルスコーティング手法に比べて、「ウイルス・殺菌の不活化」「効果の持続の長さ」における優位性が第三者機関により実証されている安全性の高いボールとなっています。

原産国:日本 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

【卓球用具紹介】「3スター プレミアム クリーン」コロナ禍に生まれた安全・安心なボール

[Nittaku]カラー3スター ネクセル

https://shop.mingles.jp/SHOP/2095.html

 [Nittaku]カラー3スター ネクセルは、世界初のプラスチック製国際卓球連盟(ITTF)公認のオレンジ色ボールです。国内外からオレンジ色ボールの復活の要望が多かったことから、Nittakuが発売しました。品質にもコストパフォーマンスにも優れた商品です。

素材:プラスチック カラー:オレンジ スター:3スター 個数:3個入

[VICTAS]VP40+ 3スター

https://shop.mingles.jp/SHOP/3274.html

 [VICTAS]VP40+ 3スターは、ブレが少なく、硬めで安定性のあるボールです。TSPボール80年の歴史で培われたボール製造技術・品質管理を継承し、競技者がより安心・信頼して使い続けられるようなボールとなっています。Tリーグ2022-23シーズンの男子公式球としても使用されています。価格もリーズナブルなので手を出しやすい商品となっています。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[YASAKA]YASAKA 3スターボールAB40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/1073.html

 [YASAKA]YASAKA 3スターボールAB40+は、2018年10月に発売された耐久性に優れた高品質な3スターボールです。ABS樹脂というA (アクリロニトリル)・B (ブタジエン)・S (スチレン) の3種類の成分を組み合わせたプラスチックが使用されており、長持ちしやすい素材と言われています。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[andro]スピードボール 3S

https://shop.mingles.jp/SHOP/1320.html

[andro]スピードボール 3Sは、ドイツの卓球用品総合メーカーAndroが発売している日本卓球協会の厳しい検査をクリアした高品質なプラスチック製3スターボールです。打球感もよく、高い耐久性や安定した回転、スピード、バランスを実現しています。

素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[JOOLA]プライム40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/5002.html

 [JOOLA]プライム40+は、ドイツの老舗卓球用品総合メーカーJOOLAが出している3スターボールです。赤いオシャレなパッケージが特徴で、6球入りでメーカー希望小売価格1122円(税込)とお手頃価格なのもうれしいポイントです。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:6個入

[STIGA]3スターパフォーム40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/3392.html

 [STIGA]3スターパフォーム40+は、スウェーデンの老舗卓球用品総合メーカーSTIGAから発売されている3スターボールです。高品質なのはもちろん、黒字でロゴと商品名が印字されたシックなデザインが特徴の商品です。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:3個入

[TWC]3スター 40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/2559.html

 [TWC]3スター 40+は、the world connectが発売している3スターボールです。中国産のABS樹脂が素材に使用されており、12球入りでメーカー希望小売価格が1320円(税込)と破格の値段設定が特徴の商品となっています。安く3スターボールをゲットしたい方にはおすすめです。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:3スター 個数:12個入

[おすすめの練習用ボール]

 ここからはおすすめの練習用ボールを紹介していきます。

[Nittaku]Jトップクリーントレ球

https://shop.mingles.jp/SHOP/6314.html

 [Nittaku]Jトップクリーントレ球 5ダースは、抗ウイルス・抗菌加工の「メディカルナノコート」が施されたトレーニング球です。クリーンな環境で卓球が楽しめるように開発されたボールです。「ニッタクプラ3スタープレミアム」に近い性質の素材を使用した日本製練習球で、「試合球に近い打球感で練習したい!」「ボールをたくさん使って練習したい!」という方には非常におすすめの商品となっています。

原産国:日本 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:なし(練習球) 個数:5ダース(60個入)

[VICTAS]VP40+ トレーニングボール

https://shop.mingles.jp/SHOP/3277.html

 [VICTAS]VP40+ トレーニングボールは、VICTASの「VP40+3スターボール」の材料仕様に準拠して作られたトレーニングボールです。120球入りで2020年10月に発売され、高品質・低価格なコストパフォーマンスの良さから多くの方に愛用されています。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:なし(練習球) 個数:10ダース(120個入)

[akkadi]akkadi トレーニングボール 40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/4053.html

 [akkadi]akkadi トレーニングボール 40+は、多球練習などをやりたい方に最適な10ダース(120球)入りの高品質プラスチック製トレーニングボールです。中国製でABS樹脂が用いられており、メーカー希望小売価格5500円(税込)と最強のコストパフォーマンスが魅力の商品です。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト スター:なし(練習球) 個数:10ダース(120個入)

[おすすめのラージボール]

 ここからはおすすめのラージボール用ボールを紹介していきます。

[JOOLA]PUR 44+ 3スター

https://shop.mingles.jp/SHOP/5001.html

 [JOOLA]PUR 44+ 3スターは、ポリウレタン樹脂のプラスチック素材を使用した3スターボールです。継ぎ目のないシームレスで、オレンジと水色のオシャレなパッケージも特徴的です。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:オレンジ スター:3スター 個数:3個入

[Nittaku]ラージ 3スター クリーン

https://shop.mingles.jp/SHOP/6027.html

 [Nittaku]ラージ 3スター クリーンは、「ラージボール44プラ3スター」の打球感はそのままに、「メディカルナノコート」を施し、抗ウイルス・抗菌仕様に仕上げたボールです。

原産国:日本 素材:プラスチック カラー:オレンジ スター:3スター 個数:3個入

[レジャー用ボール・パラ卓球用ボール]

 ここからはおすすめのレジャー用ボールやパラ卓球用ボールを紹介していきます。

[JOOLA]エレファント

https://shop.mingles.jp/SHOP/5004.html

 [JOOLA]エレファントは、ラージボールの規定である44㎜よりも大きい55㎜のボールです。オレンジと白色の2色があり、大会や公式試合では使用することができませんが、イベントやレジャー用として購入してみるのも面白いかもしれないですね。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:ホワイト、オレンジ スター:なし 個数:各色15個入

[JUIC]DFカラーボール V40+

https://shop.mingles.jp/SHOP/3014.html

 [JUIC]DFカラーボール V40+は、赤色、青色、緑色など6色がミックスされたカラフルな40㎜のラージボールです。見た目がかわいく映えるので、レジャー用におすすめの商品となっています。

原産国:中国 素材:プラスチック カラー:6色 スター:なし 個数: 1箱(36個入)

[Nittaku]プラ サウンドボール

https://shop.mingles.jp/SHOP/2106.html

 [Nittaku]プラ サウンドボールは、サウンドテーブルテニス(S.T.T)用のボールです。ボールの中に金属球が4つ入っており、転がると音が出ます。

原産国:日本 素材:プラスチック カラー:オレンジ スター:3スター 個数:3個入

【まとめ】用途や目的に合わせたボール選びが重要

 いかがでしたでしょうか。今回は男子日本代表・森薗政崇選手による卓球ボールの解説や、卓球用具マニア・細井悠太氏とミングルス編集部が選ぶおすすめ卓球ボール18選をランキング形式で紹介していきました。

 大会や公式試合で使用される公認球や、日々の練習で使用する練習球、ラージボール用の大きなボールやレジャー用ボール、パラ卓球競技用のボールなどさまざまなボールがあることが分かりました。この記事を参考に、ぜひ自分の目的に合う卓球ボールを選び、卓球ライフを楽しんでみてください!

関連記事

【プロ監修】卓球ラケットの選び方と種類別おすすめ人気ランキング30選【初心者向けから戦型別まで】

【プロ監修】卓球ラバーの選び方と種類別おすすめ人気ランキング45選【初心者向けから戦型別まで】

【プロ監修】卓球台の選び方と種類別おすすめ人気ランキング20選 【国際大会規格からレジャー用まで】